縦横比最適化のご利用手順

① 右の入力欄に数値を記入して下さい.
  オリフラ長が不明な場合は下表を参考にして下さい.
② 計算実行ボタンをクリックして下さい.赤色に変わったら実行中です.

③ 計算が終了すると,別画面に図が表示されます.
★ 縦軸は取得可能な最大チップ数です.
★ 横軸は縦横比(横÷縦)です.

注意
* 無料です.安心してご利用ください.
* 演算時間は長い場合で3分程度ですが,
   有効チップ数が1000以上の場合はもっと長くなる場合があります.
* チップ間隔にはスクライブ幅も含みます.
* G=log10(4)÷log10(Hasp÷Lasp) と定義すると
  (直径2 ÷チップ面積)3.5 < 0.5e+8×Gの場合は,精密計算をします.
  (直径2 ÷チップ面積)3.5 < 3.5e+8×Gの場合は,準精密計算をします.
  (直径2 ÷チップ面積)3.5 ≧ 3.5e+8×Gの場合は,粗い計算をします.
* 縦横比の調査範囲を狭くすれば,より精密な計算ができます.
* 精密な計算結果は,青色の線で表示されます.
* 準精密な計算結果は,紫色の線で表示されます.
* 粗い計算結果は,赤色の線で表示されます.
* スマートフォンでは,ご利用できません.
* 改善提案を募集中です.お問合せからご相談ください.

各入力項目の定義は下の図に示します.

(2019年 7月30日 更新)

definition
definition